2018.1.13
自宅音楽制作で思ったことを20個書きました!

  1. スピーカーの配置は大事。 (真ん中に音像が浮いて聴こえる感じがベスト)
  2. 低域はヤバイ。 (自宅環境において一番見えづらいのに、一番重要といえるから)
  3. 低域をチェックする一つのやり方として、10曲ぐらいのリファレンストラックを低域が弱い順に並べて、自分の曲と比較してみるというものがある。
  4. EQなどでいじる前に、何はともあれ元の音が大事。
  5. EQなどでいじる前に、何はともあれフェーダーバランスが大事。
  6. 「こうしたら→こうなる」というセットをたくさん身につけるイメージ。
  7. ネットにあるチュートリアルやアドバイスは、経験を積むうえで、後からじわじわ意味がわかってくることが多い。読んだだけで、いきなりクオリティが上がることはあまりない。
  8. 音源や機材は、買っただけでクオリティが上がることはあまりない。
  9. ボーカル曲の場合、ボーカルの調整(ピッチ、強弱)に全力を注ぐ。
  10. (家でボーカル曲を作る方) 簡易ボーカルブースを建てるのは非常におすすめ。
  11. ボーカル曲の場合、アレンジや全体のサウンドも大事だが、メインのボーカルのメロディーが一番大事。
  12. 録音、打ち込みを始める前から、「こういう曲になるかな」とイメージがついているほうが、まとまりのある曲になる。
  13. (ヒップホップの場合)機材を買うより服を買ったほうがヒップホップになれる。
  14. 色々な音量でモニターするとよい。(ボーカルがどれだけ一定の音量になっているかなどがよくわかる!)
  15. 行き詰まったら一日置いたほうがいい。
  16. 外を歩いているときのほうが良いアイディアが出る。
  17. EQ、コンプなどは、やりすぎよりはやらなすぎのほうがよい。(個人的意見)
  18. エフェクトをかけるときなどは、なぜこうするのかをよく考えてからかける。
  19. 複数のモニターでチェックする。(スピーカー、サブのスピーカー、ヘッドホンなど…。車で聴いてチェックするという方も多いと思います!)
  20. かけた時間と最終的な完成度は比例しない。